昨日の日曜日、
大会でのバイクパート(190km)と同じ距離を走るのを目的に
ロングライドに出かけました。
自宅から5kmほどの場所を起点に
ゆるい登りを走り折り返し地点から起点に戻る
往復17,8kmのコースを11往復します。
これで200km強になります。
toucyan-s

普段の練習もこのコースでやっています。
途中信号が2か所。
ほとんど引っかかることがなく
ほぼノンストップで走ることが出来ます。
toucyan-s

1週間ほど前から計画していて
週末の金曜、土曜をOFFにして臨んだロングライド。
いつもなら8時ごろスタートなのに早起きして6時スタート。
練習なので走りきれることを目標に
そして長時間の運動での体の変化を知ることも目的にしました。
(筋肉痛とか、関節痛とか、補給のタイミングとか)
いつもより長丁場なのでギアも1段軽くしてタラタラと走り始めます。
途中、数人に追い越されましたが、ペースを変えずタラタラ走ります。
toucyan-s

6往復目の登りきったところで空になったボトルに水を入れます。
ここで大事なものを忘れていることに気がつきました。
昨年の同じ練習のときには持っていた
”宮古島の雪塩” を忘れてしまった。
とりあえず、自販機のジュースを飲み再スタート。
toucyan-s


8往復目あたりから力を入れて漕ぐと右膝が痛みだし
軽めのギアで走れば痛みは少ないのでそのまま頑張りました。
9往復目の登りきったところで空になったボトルに水を入れます。
自販機のジュースを飲み再スタートしましたが、
このあたりからちょっと気分が悪くなりました。
あと2往復で目標達成ということだけを考えてひたすら漕ぐ。
ボトルの水を手足、首周りにかけ体を冷やしながらひたすら漕ぐ。
10往復目の登りきったところでボトルの水を入れ替えました。
あと1往復で目標達成ということだけを考えてひたすら漕ぐ。
ボトルの水を手足、首周りにかけ体を冷やしながらひたすら漕ぐ。
11往復目の登りきったところでボトルの水を入れ替えました。
自販機のジュースを飲み自宅へ向かいました。
toucyan-s


なんとか自宅にたどり着いたけど、結構やばい感じ。
意識はまあ、はっきりしているし、エネルギーの枯渇感もない。
でも、体の動きが悪くなっている。
大事な何かが欠落して動こうとしても動けない感じ。
今回の練習でミネラル分が欠乏すると
体がどんな状態になるか体験できました。
体験する必要もないことだけど
大会の時は、兆候が現れたらすぐ対処をこころがけたい、
というより兆候が出ないようにしようと痛感した。
toucyan-s


8時間以内を目標に走ったのですが、
結果8時間25分。平均時速24km/h。
遅っーー。
後半の3ピッチは通常の1.5倍ぐらいの
時間がかかったからしょうがないか...
終了後、3時間ほどして小鉄と散歩に行ったけど
特に問題なし。
夜の散歩では、階段競争も出来た。
体力的には十分走りきれるのがわかったのでよしとしよう。
昨年は、8時間弱で走りきれたのですが、
補給がうまくいかなくて
ハンガーノック状態でのゴールでした。
今年は、弱熱中症。
toucyan-s


暑い時の水分補給は当たり前。
併せてミネラル分もしっかりとるように。
まあ、これも常識だね。
忘れたことが問題だ。
toucyan-s


これが忘れた ”宮古島の雪塩” アスリートソルト
0802-1



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://littleiron1211.blog100.fc2.com/tb.php/215-466b4762